株式会社ムーヴのロゴ

おんどとり RTR500BM

モバイル回線でデータを自動収集(4G対応)

RTR500BMはモバイル通信4G対応

ワイヤレスネットワークによる自動収集

RTR500BMは、4Gデータ通信(モバイル)・Bluetooth通信機能を持ったネットワーク対応のデータ収集機 (親機) です。
無線でワイヤレスデータロガー RTR500B/RTR-500シリーズの子機と通信し、記録データの収集・送信や、モニタリング・警報監視をすることができます。

<特長>
 ● データロガー(子機)から無線で収集したデータを、モバイル通信(NTTドコモ LTE網)で自動送信
 ● 無料のクラウドサービス『おんどとり Web Storage』対応で、パソコンでもスマートフォンでもデータを活用可能
   予めクラウド上で指定されたメールアドレス(最大4件)に警報を通知
 ● モバイルアプリ(注1)を使用して、近くにいるときはBluetooth通信、遠隔地ではクラウドを介して設定や状態を確認

管理用パソコンがなくてもモバイル通信でサーバーへ自動送信

RTR500BMは、特定小電力無線を使いロガー(子機)に保存されたデータを自動収集します。
モバイル通信(4G)を使ってクラウドとつながり、ネットワークのインフラが整っていない環境であってもデータの自動送信、警報監視機能を使う事ができます。
機器の設定は専用のモバイルアプリ「T&D 500B Utility」から行えます。

ネットワーク経由で設定変更

ネットワーク経由で設定変更ができるので柔軟な運用ができます!
子機は最大20台まで登録可能ですが、効率良い運用には5~6台程度までをお奨めします!
※ 旧RTR-500シリーズの子機は、Bluetooth通信には対応しておりません

おんどとり RTR500Bシリーズの子機ラインナップ
おんどとりのRTR500Bシリーズ子機 RTR505Bは熱電対・電圧・4-20mAやパルス数 RTR-574は照度・紫外線 RTR-576は温度・湿度にCO2濃度
温度・湿度 熱電対・電圧・パルス・4-20mA 温湿度・照度・紫外線 温湿度・CO2濃度
RTR500BM(モバイルステーション) 価格と商品概要
   
【 商品概要 】

■ 4Gデータ通信
■ 通信インターフェース:特定小電力無線 ARIB STD-T67(429 MHz帯)
  LTE 通信 FDD-LTE:B1/B3/B8/B18/B19/B26
  Bluetooth通信:Bluetooth 4.2(Bluetooth Low Energy)機器設定用
  USB通信:機器設定用
■ NTTドコモ LTEに対応した nano SIMカード
■ 子機との無線通信距離:見通しの良いところで約150m

※ 対応中継機 [ RTR500BC ]

RTR500BMは4Gモバイルデータ収集機

※ SIMカードは別途契約が必要

オプション品 デモ機貸出し

RTR500BMのシステム構成

おんどとり RTR500Bシリーズ(親機/収集機)の価格

RTR500BWの購入

RTR500BMの購入

RTR500BCの購入

おんどとりのデータ収集方法
おんどとりのデータ測定・記録と転送方法

 

 

< RTR500BM の機能特長 >

モバイル通信と特定小電力無線通信機能を持ったステーション

RTR500BMは、特定小電力無線でデータロガー(子機)からデータを収集し、モバイル通信経由で無料のクラウドサービス『おんどとり Web Storage』に自動送信します。

中継機の利用で距離を延長

中継機としてRTR500BCを利用し、親機と子機の無線通信距離を伸ばすことができます。
子機との無線通信距離は約150mで、中継機を介して約150mずつ延長することができます。
※ 通信は見通しの良い直線における目安ですので、設置環境により遮蔽物やノイズ等による影響で短くなることを予めご承知おきください。

中継機を使って通信距離を延ばす

データ送信機能と警報監視機能

RTR500BMは、定期的にRTR500Bシリーズ子機の記録データや現在値を特定小電力無線通信で吸い上げ、モバイル(4G)通信でFTP方式で任意のサーバあるいはHTTPS方式により【おんどとり Web Storage】へ送信することができます。
※ 株式会社ティアンドデイが運営する「おんどとり WebStrage」に登録してご利用ください。

おんどとり Web Storageの利用

■ 多彩な警報監視機能により、現場でも遠隔地でも万一の警報発生を見逃しません。
■ 測定値が設定した上下限値の範囲を超えた場合やセンサエラー等が発生すると警報を発します。
 - 警報は子機ごとに上限値、下限値、警報判定時間を設定できます
 - Web Storage経由で警報メールを送信できます
 ※ 従来機では機器本体からメール送信できましたが、当該機では直接送信できません
■ 本体下部にある外部出力端子に警告灯やブザーを接続して注意喚起することもできます。
■ 警報時には、RTR500BMの本体の警報LEDが点灯し、測定値が平常範囲に戻ると自動消灯します。

安心のHTTPS通信対応

データロガー(子機)から収集した測定データは、収集機(RTR500BW/RTR500BM)とサーバとの通信方式をHTTPSに刷新。
従来のFTP通信に比べより安全にデータの通信ができます。

おんどとり RTR500Bシリーズのポイント

アプリ・遠隔地からの設定が可能

今までのRTR-500シリーズでは子機の登録時や一部の設定項目の変更時に、親機をパソコンにUSB接続する必要がありました。
新しいRTR500Bシリーズでは、モバイルアプリやクラウドからワイヤレスで各種登録・設定の変更ができます。 記録間隔や警報などの細かい調整が、これまでになく楽になりました。
スマートフォン用の専用アプリで親機や子機の登録・設定が簡単にできます。
Bluetoothによる機器との直接通信、またはクラウド経由でワイヤレスに各種設定変更が可能。
初回設定時のウィザード機能や無線ルートのサジェスト機能でワイヤレスネットワークの構築が今までになく簡単になりました。

スマホを利用したスマートな設定

              
スマホのアプリケーションは、ご使用のタイプにより各々ダウンロードしてご利用ください。
App StoreからのアプリダウンロードAndoroidアプリのダウンロード


子機のモニタリングと通信状態チェック

製品購入時に無償添付される設定ユーティリティ(RTR500BM for Windows)により、登録した子機との電波強度をチェックすることができます。
設置環境により、親機または中継機を選択して機器構成下の子機との電波強度を1 ~ 5 段階表示で確認できます。
表示された強度が「3」以上になるように設置場所を変更し、金属からできるだけ離して見通しの良い高い位置に親機を設置してください。
また、金属の壁、板等からは30㎝以上離して設置し、アンテナ部分を物や壁から離して設置してください。

無線通信機器設置時の注意事項

① 屋内と屋外で通信する場合は電波が透過しやすい窓際などに設置してください。
② ノイズを発生しやすい産業機器、電子機器や蛍光灯からできるだけ離してください。
③ パソコンなど強いノイズが発生する機器からは、1メートル以上離して設置してください。
④ 植物や土壌など水分の多い物質は電波を吸収しますので近くに置かないようご注意ください。
⑤ 同一周波数の電波が多い場所には置かないでください。
※ 同時に無線通信する可能性がある場合は、周波数チャンネルを変えてください。

電波法に基づく特定小電力無線機器ですので、日本国内でのみご使用ください。

技術基準適合証明(利用に関してはお客様の免許申請等が不要)を受けた製品ですので、技術基準適合ラベルは剥がさないでください。
ラベルのないものの使用は禁止されています。

 

                                                                                                   
RTR500BM 仕様
用途データ収集
通信4Gデータ通信、USB通信(設定時のみ)、光通信、特定小電力無線通信、Bluetooth4.2
警報の確認方法外部接点出力、Eメール、ソフトウェア
電源ACアダプタ、単3アルカリx4、外部電源
本体動作環境温度: -10~60℃ 湿度: 90%RH以下(結露しないこと)
大きさ H:96mm × W:66mm × D:38.6mm(アンテナ含まず)
防水性なし
付属品単3アルカリ電池 (LR6) x 4、LTEアンテナ (CSR-0011)、 USB Mini-B 通信ケーブル (US-15C)、
ACアダプタ (AD-05A3)、登録コードラベル、 取扱説明書 (保証書付) 一式取扱説明書 (保証書付) 一式
その他クラウドサービスのご利用には、SIMカードの契約が必要です。

 

おんどとり 子機一覧

                                                                                                   
T&D おんどとり 特定小電力無線タイプ 製品のラインナップ
RTR501B/RTR501BL<Bluetooth通信・特定小電力無線> センサ内蔵の温度1CH(Lは大容量バッテリ搭載)
RTR502B/RTR502BL<Bluetooth通信・特定小電力無線> センサ外付けの温度1CH(Lは大容量バッテリ搭載)
RTR503B/RTR503BL<Bluetooth通信・特定小電力無線> センサ外付けの温度・湿度の2CH(Lは大容量バッテリ搭載)
RTR505B/RTR505BL<Bluetooth通信・特定小電力無線> 外付けのアダプタにより測定項目が熱電対・電圧・パルス・4-20mA等に変わる
RTR507B/RTR507BL<Bluetooth通信・特定小電力無線> センサ外付けの温度・湿度の2CHで広範囲・高精度
RTR-574/RTR-574S<特定小電力無線> センサ外付けで温度・湿度とともに照度・紫外線を測定(Sは高精度)
RTR-576/RTR-576S<特定小電力無線> センサ外付けで温度・湿度とともにCO2濃度を測定(Sは高精度)
RTR-600シリーズ<特定小電力無線> 食品中心温度測定でセンサ一体型と分離型があり、センサもショート・ロングを選択可能
ease<特定小電力無線> スタイリッシュで温度・湿度を手軽にモニタリング
RTR-500シリーズRTR500Bシリーズ発売前の旧タイプ(在庫に限りがありますのでお問合せください)  電話番号
                                                                               
T&D おんどとり USB通信タイプ 製品のラインナップ
TR-73U<USB通信> センサ外付けの温度・湿度・大気圧測定
TR-74Ui/TR-74Ui-S<USB通信> センサ外付けの温度・湿度・照度・紫外線測定(Sは高精度)
TR-71wb/nw<USB通信・有線/無線LAN通信・Bluetooth通信> センサ外付けの温度2CH
TR-72wb/nw<USB通信・有線/無線LAN通信・Bluetooth通信> センサ外付けの温度・湿度各1CH
TR-75wf/nw<USB通信・有線/無線LAN通信> センサ外付けの温度2CH(熱電対)
TR-76Ui/TR-76Ui-S<USB通信> センサ外付けの温度・湿度・CO2濃度(Sは高精度)
MCR-4TC<USB通信> 1台で4CHの熱電対センサに対応・連結して最大16CHの同期測定
MCR-4V<USB通信> 1台で4CHの電圧測定が可能・連結して最大16CHの同期測定
                             
T&D おんどとり Bluetooth通信タイプ 製品のラインナップ
TR41<Bluetooth通信> センサ内蔵の温度1CH
TR42<Bluetooth通信> センサ外付けの温度1CH
TR45<Bluetooth通信> センサ外付けの温度1CH(熱電対・Pt対応)
                                                                     
T&D おんどとり 赤外線通信対応 製品のラインナップ
TR-51i<赤外線通信・光通信> センサ内蔵の温度1CH
TR-52i<赤外線通信・光通信> センサ外付けの温度1CH
TR-55i-TC<赤外線通信・光通信> センサ外付けの温度1CH(熱電対)
TR-55i-Pt<赤外線通信・光通信> センサ外付けの温度1CH(Ptセンサ対応)
TR-55i-V<赤外線通信・光通信> センサ外付けの電圧計測(0 ~ 22V)
TR-55i-mA<赤外線通信・光通信> センサ外付けの電気信号計測(4 ~ 20mA)
TR-55i-P<赤外線通信・光通信> センサ外付けのパルス数計測(無電圧接点・電圧・パルス)