株式会社ムーヴ ページ番号 ショッピングカート

レーザー距離計とアプリの使い方 | アプリを使って測定結果をスマホへ取込めます!

レーザー距離計とアプリの使い方・システム紹介


アプリとレーザー距離計をペアで使って、仕事のやり方を変えてみませんか?
メモ書き・文書作成から解放され、LINEやメールで現場の状況をすぐに共有できます。

Bluetooth®機能やWiFi機能搭載モデルで、アプリを使って iOS や Android端末、パソコン に測定結果を転送・記録できます。
このモデルに搭載されている Bluetooth® Smart技術は、「Bluetooth® Smart Ready対応機器」間でのみ通信が可能となり、従来 Bluetooth®との互換性はありません。

従って、 Bluetooth® Smart非搭載のWindows系パソコンや iPhone およびスマートフォンではBluetoothの規格によっては、接続ができませんのでご注意ください。

わたしたちは、Leica DISTO™ ソフトウェアパートナー・認定代理店として、商品知識の深さとハイクオリティな正規製品をお届けします。

レーザー距離計のアプリについて


無償アプリケーションのラインナップ

  ※ 一部有償となる機能も含まれます


測定値をドキュメント化

DISTO Plan

DISTOで測定した結果をアプリに転送できます。

スマートフォンやタブレットでスケッチ機能利用してレイアウト図を作成し、DISTO™で取得した距離の測定値を各辺(ライン)に割り当てることができます。
撮った写真や画像の上に測定した値を配置することもできます。


対応機種を確認<

Excel連動 & 各種アプリへデータ転送

DISTO Transfer

測定データを用いた無線データ通信によるアプリ開発に興味のある方は、Leica Geosystemsサポートチーム(スイス本社:英語またはドイツ後対応)にお問合せください。
また、弊社の独自開発した制御アプリも有償にてご提供可能ですので併せてお問合せください。


対応機種を確認<

スケッチ描画 & 測定値の記録

スケッチアプリ

紙にメモする代わりにスマートフォンやタブレットで測定結果を簡単にメモ(記録・保存)できます。


対応機種を確認<

CADアプリのプラグイン(既存メニューに追加されます)

CAD プラグインアプリ

AutoCADとBricsCADのプラグインとして利用できます。
CADアプリがインストールされているWindowsPC・タブレットに当該アプリをインストールします。


対応機種を確認<

カンタンに間取り図が作成できます!

間取り図 アプリ

デバイスの画面上に自由に図面を描き、PDF、JPG、DXFフォーマットでメール送信できます。

レーザー距離計で測定した値がアプリに自動転送されますので、実寸に応じた部屋のイメージ図がカンタンに作成できます。

有償アプリケーションのラインナップ


NETIS登録 多点同時変位計測システム

多点同時変位計測システム

PCからBluetooth通信機能を搭載したレーザー距離計をリモート制御して距離を測定し、測定データを自動転送します。

弊社で開発した、当該システムはトンネル切羽での安全監視システムとして国交省のNETIS技術として認定・登録され、トンネル以外の現場でも多くの導入実績があります。

当システムは飛島建設株式会社 土木事業本部との共同開発により構築しました。

コンクリートの打込み管理システム

コンクリートの打込み高さ測定

コンクリート打設作業において、打ち重ね時間と規定時間を照合し、打設のモニタリングにより効率的な品質管理を実現するシステム。

当システムは株式会社安藤・間 土木事業本部との共同開発により構築しました。

革新的なカラーシミュレーション・・・

Realim アプリ


景観シミュレーションアプリ Realimシリーズは、現場写真を撮ったその場でCGパース(シミュレーションデータ)をどなたでも簡単に作成できるアプリです。
革新的なカラーシミュレーション提案により、外装塗装の営業スタイルが変わります!

フォトレタッチ、マスキング、マッピングと色調補正の4つの機能を持っています。
現況写真を基に作成するので、実写に近い施工後のイメージが作成可能です。

アプリケーションの概要について

Leica DISTO™ Plan の機能概要と使い方

図面をスケッチしよう

DISTO Plan スケッチプランの動画

スマートフォンやタブレットでスケッチ機能利用してレイアウト図を作成し、DISTO™で取得した距離の測定値を各辺(ライン)に割り当てることができます。
撮った写真や画像の上に測定した値を配置することもできます。
アプリの「自動スケール」機能がラインの長さを調整するため、スケールされた、CADで使える図面が出来上がります。

Smart Room

DISTO PlanのSmart Room機能動画

DISTO™ X3またはX4で、室内を時計回りまたは反時計回りに測定するだけで、CADで使用できる間取り図を作成することができます。
すべての測定が終わると、アプリのSmart Room機能が自動的に図面を作成しますので、とても簡単に間取り図が完成します。

測定して設計する

DISTO PlanのMesure Facade機能動画

P2Pテクノロジーと、アプリの「図面測定」や「ファサード測定」機能により、詳細な間取り図と壁設置図を作成することが可能になります。
この機能をサポートするデバイスから、DXFまたはDWGファイルとして、お使いのCADアプリにエクスポートすることができます。

測定結果は簡単に管理

DISTO Planの測定結果を管理する動画

DISTO™ Planアプリの「オーガナイザー」機能を使うと、測定結果を簡単に管理することができます。
名前や日付での並べ替えや任意のフォルダにファイルを移動することも可能。

写真にスケッチ

DISTO Planのスケッチオンフォト機能動画い

Leica DISTO™のBluetooth® Smart Technologyによって、タブレットやスマートフォンで撮影した写真の適切な個所に、測定した距離を配置することができます。
もう手書きによるメモや誤記入によるミスもなくなります。

    
   
  

Leica DISTO™ sketch の機能概要と使い方

レーザー距離計で測ると同時にスマホへ取込み・保存

レーザー距離計アプリ DISTO Sketchの画像

☆ 無償アプリを使って、紙にメモする代わりにスマートフォンやタブレットで測定結果を簡単にメモ(記録・保存)できます。

☆ レーザー距離計とデバイスがBluetooth®を接続すると、測定値がアプリへ自動転送されます。
測定値をカメラ画像・予め準備した画像やグリット上にスライドし、保存することができます。

☆ 距離の測定結果だけではなく、面積や角度等の値もアプリへ転送することができます。

☆ Bluetooth® Smart技術は、「Bluetooth Smart Ready対応機器」間でのみ通信が可能となり、従来の Bluetooth®との互換性はありません。
従って、Windows系パソコンやスマートフォンでは、Leica DISTO™ シリーズのレーザー距離計 と Bluetooth®接続ができない場合がありますのでご注意ください。

※ 当該アプリは、iOS 、Android version 4.3以上、Bluetooth®4.0が使用条件です。

アプリの使い方

Android版のアプリダウンロード  iOS版のアプリダウンロード

  

アプリの使い方はとても簡単です。

でも Bluetooth って?? どう設定すればいいのかなぁ?


Leica DISTO® S910 の場合は ・・・


① レーザー距離計本体の 「FUNC」 ボタンを選択

② 機能選択画面に替わるので、「セッティング」 ボタン (歯車マーク)をタッチ

③ 画面右上の「通信設定」ボタンをタッチ (ONなら通信可能)

④ 一番上の「Bluetooth(ブルートゥース)」を選択

⑤ 一番下の「アプリモード」を選択

Leica DISTO® D810 touch / D110 の場合は ・・・


☆ アプリだけでなく、Excelやメモ帳にも測定結果を取込むことができます

☆ レーザー距離計のモデルによって、送信の手順が若干違います

☆ Bluetooth機能が 「ON」になっていれば、本体の画面上にアイコンが表示されます

アプリの使用手順


アプリの使用手順メッセージ

アプリのペアリング

ペアリングの手順

   

■ ベースをギャラリーにして、画像ファイルを選択すると真ん中のスケッチ用キャンバスに画像が追加されます。
同様に「グリット」を選択すると方眼紙状のキャンバスが追加されます。

  

■ 画面下部のツールから「線」を選び、任意の長さと方向に指を動かすことでキャンバス上に線が引かれます。
レーザー距離計で測った値が自動的に画面左に取り込まれますので、指でスワイプ(指先をスライド)させると画像上に値がセットされます。

キーパッドのある機種では更に高度なワザが使えます!

測定値の転送

■ 線の両端に表示する矢印マークや線の太さ、色を変えることもできます。
また、サンプル画像にあるようにテキスト(文字)も入力できますので、手書きメモの必要性がなくなります。

スケッチの画像選択イメージ

アプリの使用手順メッセージ

■ Aは、表示画面の切替を画面上部のアイコンで行っている様子です。 各々の線に任意で名前を付けることもできます。

■ B画面上の右端アイコンをタップすると保存形式を選択することができます。
PDF形式や画像として測定結果を保存できますので手書きメモが不要となるだけでなく、メールやLINE等を使って直ぐに現地状況を連絡することが可能となります。

■ Cは、アプリの動作環境を設定するもので、「オートスケール」をONにすることで任意の長さに引いた線も測定値に応じて変化しますので、線を引くのにあまり気を遣う必要がなくなり操作がしやすくなります。
また、Webサイトへのアクセスやビデオを参照することもできます。

測定結果の保存方法

アプリを使ってみよう

Android版のアプリダウンロード  iOS版のアプリダウンロード

※ アプリの説明は英語ですが、インストール後は日本語ですのでご安心ください

    
   
  

Leica DISTO APP一覧の画像

       
3D Disto DISTO S910 DISTO D810 touch DISTO D510 DISTO X4 DISTO X3 DISTO D110 DISTO D2 DISTO D1


Magic Plan の機能概要と使い方

Magic Plan の機能概要


① 自由に図面を描き、PDF, JPG, DXFフォーマットでメール送信できます。

② 距離計で測定した値がアプリに自動転送されます。

③ 転送された値に応じて線の長さが一定の縮尺で変わります。

④ DISTOと一緒に利用することで実寸に応じた部屋のイメージ図がカンタンに作成できます!


アプリケーション起動時の画面サンプルです



設定項目の内容表示画像

Magic Plan アプリの使い方


Magic Planアプリは、写真を撮るだけでプロの間取り図を作成可能です。
Magic Planを利用して、作業の完成を見積もったり、空間を3Dで見たり、 DIYプロジェクトを計画したり、家に家具を備え付けたりすることができます。

当アプリは、弊社ならびにライカ ジオシステムズが開発したものではありません。
弊社において、レーザー距離計との整合性を確認しましたが、ダウンロードしたアプリにつきましては、万一ご利用者さまに何らかの損害が生じても弊社は責任を負わないものとさせていただきます。

あくまでも利用者個人の責任においてご活用いただけますようお願いいたします。

画面内への測定データ転送


測定値を入れる箇所にフォーカスし、レーザー距離計で長さを測ると、測定値が表示されます。
測定値を手入力することも可能です。



図面の寸法にレーザー距離計で測定した値を転送します


レーザー距離計とのペアリング


レーザー距離計を自動的に検出し、正常にペアリングできれば測定値が転送されます。
検出されない場合は、スマートフォンの設定画面からBluetooth機器の状態を確認してください。



レーザー距離計とのペアリング画像


   

    ショールームで実機を操作できます     ライカレーザー距離計の製品ラインアップ
3D Disto DISTO S910 DISTO D810 touch DISTO D510 DISTO X4 DISTO X3 DISTO X310 DISTO D210 DISTO D110 DISTO D2 DISTO D1 DISTO用アプリ
 
レーザー距離計の精度について
機種の比較について
測定原理について
レーザー距離計の他の機種