株式会社ムーヴ       

3D Disto | 測定結果が立体的に見える3次元グラフィックビューでレーザー機器の使い方も変わります

3次元測定器 3D Disto とは?

Leica 3D Disto は、測定結果が立体的に見える

3D Disto は3次元グラフィックビュー

    
製品構成

■ 3D Disto 本体 V5.0
■ Windows®用 3D Disto ソフトウェアライセンス
■ RM100 リモートコントローラ
■ USBスティック
■ シール付きターゲットマーク(紙媒体)
■ オフセット測定用ルーラー
■ Leica GZM3 ターゲットプレート
■ 電源ケーブル (本体)
■ USBケーブル1本
■ クイックスタート

※ PCやタブレット等の操作端末は付属しておりません

仕様 機能 オプション 機能比較

Leica 3D Disto は、広いスペース、特殊な形状、傾いた壁、細かい装飾がある場所や手の届かない場所の測定を可能にします。
本体は丈夫で滑り難い構造になっていますので、床にダイレクトに置いたり、三脚に据え付けて使用することができます。

本体は水平方向へ360度転回するので、2点を照射するだけで横幅測定が可能となります。
レーザー距離計では正確な測定が難しかった横方向の距離測定や壁面がない場所での点間距離測定が簡単に行えます。

従って、図面のないリノベーション案件に対する現地調査や図面データを使った墨出し、サイディング・プレカットの採寸機器として利用することができます。
また、距離と角度を測定することにより測定ポイントの正確な位置情報の把握、測定対象物の写真撮影や自動スキャンができます。

製品が設計通りにできているかを検査する機器として、また、3次元測定結果をCADや座標データとして入手したい方にも使われている測定ツールです。

 

3D Disto のCADにt読み込んだ動画をご紹介

 

従来の機能では、3次元で測定できるにもかかわらず、付属のコントローラを使用して表示は2次元でした。
立方体を展開するように 『展開ボタン』により、平面図と立面図を切替えながら表示と実測作業をしていました。
『測定業務を専門としない方でも簡単に操作できる』をコンセプトとする製品でしたが、初めて使う方にはわかり難い点もありました。

このような状況を踏まえて一新されたのが、Windows®版ソフトウェア V4.0 です。
3D CAD を見ているかのように、測定状況がリアルタイムで 3次元に表示されていきます。
また、アイコンやレイアウトを改良することで、直感的な操作が可能になりました。

画面を上下左右・斜め方向に自由に回転させ、拡大・縮小することで、全体像を掴み、測定ミスや結果の不備にいち早く気付くことができます。

 

3D Disto のCADにt読み込んだ動画をご紹介

 

3D Disto のCADにt読み込んだ動画をご紹介

 



BLK3Dのバナー

何ができるのかな?

機能概要

表示されるカメラ画像を見ながら測定
     

タブレットの画面を見ながら測定可能

  

タブレットPCに表示されるカメラ画像を見ながら、測定する場所を画面上でポンっと指し示すことで測定できます。
凸凹の壁や段差、高低差があっても連続的にポイントを決めていくことで3次元グラフィック・ビュー(Windows版機能)で測定結果が立体的に見えます。
タブレットPCに表示されるカメラ画像を見ながら、測定する場所を画面上でポンっと指し示すことで測定できます。

凸凹の壁や段差、高低差があっても連続的にポイントを決めていくことで3次元グラフィック・ビュー(Windows版機能)で測定結果が立体的に見えます。

外部ファイルの入出力とProjector(プロジェクター機能)
     

床や壁面にグリッドポイントを照射

  

3D Disto により測定したデータは、DXF/CSV/TXT/JPG形式のファイルとしてパソコンやUSBメモリ等に外部出力できます。
また、CADで作成されたDXFファイルを本体に読込み、Projector機能を利用して、床や壁面にグリッドポイントを照射して施工を効率的に行うことができます。

ツールキット機能

ツール機能を利用すると鉛直測定ができます

データを保存することはできませんが、簡単な操作で鉛直ポイント、メーターマーク、平行線をすばやく正確に指し示すことができます。

離れたところから、上下どちらかを指定した後に本体が動き、鉛直ポイントを照射します。 この機能は、緩やかな傾斜面でも活用することができます。

また、吊り天井の作業や絵画を壁面に設置する際に有効なツールとして「レベリング」があります。 3D Disto本体を水平に回転させた時にレーザー照射位置を同じ高さのレベルに合わせます。

 

リロケーション機能
     

リロケーション機能で測定中でも本体を移動して測定できます

測定に際して本体の設置場所を途中で移動させても、位置情報を本体に記憶させておけば、測定済みの場所から継続して測定することができます。

ビューファインダーとカメラ機能

タブレット画面上にカメラ画像が表示されます

リモートコントローラの画面には、本体と連動して対象物を素早く画面に映し出し、現場での測定業務や確認作業の効率を上げることができます。
ファインダーはズーム機能を持ち、1倍/2倍/4倍/8倍と状況に合わせて切り替えることができます。

映し出された画像の中心に細いクロスラインが表示され、ターゲットを正確に捉えることができます。
また、カメラ機能によりコントローラ上のカメラアイコンをクリックするだけで、測定箇所の写真を撮り画像ファイルとして保存することができます。

画像ファイルには、名称、ポイントID、日時等の情報が付加されますので、測定後のドキュメンテーション作成時に有効です。

 

障害物で直接見えない場所も測定可能

屋外でもカラーディスプレイでポイントを確認できます。

 

障害物や建物等の陰になり、直接レーザーを照射できない場所でも 「オフセット測定用ルーラー」を利用することで測定可能となります。
ルーラーを動かさずにターゲットマークにレーザーを照射した後、2つ目のターゲットに照射しオフセット測定できます。

測量の知識がない方でも、Leica 3D Disto を利用することで正確な測定・調査が行え、3DデータによりCADと連携することもできます。

Windows版の機能は・・・

画面のズーム、回転、パンが指1本で操作可能

測定結果が立体的に見える3次元グラフィックビュー機能

DWG形式での出力が可能になりました

CADツールを使うと、こんなこともできるんです

円や四角を描くことができます

対角線を長方形に変換します

測定した線を延長するには数値を直接入力します

選択した線に対する直角ポイントと線の作成

直接測定できなくてもツールを使えば簡単

線の交差や点の移動を使ってコーナー角の測定

垂直交差や線の延長機能もあります

製品仕様

レーザー Leica 3D Disto 仕様


ショールームで実機を操作できます ライカレーザー距離計の製品ラインアップ
3D Disto DISTO S910 DISTO D810 touch DISTO D510 DISTO X4 DISTO X3 DISTO X310 DISTO D210 DISTO D110 DISTO D2 DISTO D1 DISTO用アプリ

お薦めのオプションは ・・・

1/4インチネジ 三脚
■ TRI200(Leica三脚)

 

■ 1/4インチネジの三脚
■ ショルダーバッグ付き
■ 重量: 2.3Kg(バッグ含)
■ 昇降範囲:0.75m ~ 1.15m

詳細をみる
ターゲットプレート GZM3
■ GZM3(コーナーターゲット)

 

■ コーナー測定に威力を発揮
■ 折畳み式で携帯に便利
■ DISTO全機種に対応
■ コンパクトターゲットプレート