株式会社ムーヴ ページ番号 ショッピングカート

おんどとり RTR-576 / RTR-576-H | CO2濃度を温度・湿度と同時に測定・記録できるデータロガー

温度・湿度と一緒にCO2濃度を測定


RTR-576をRTR-500NW等に登録してワイヤレス通信可能


子機本体は電池駆動で設置場所を選ばず、広範囲の無線通信を実現できます。


おんどとり RTR-576 / RTR-576-S は、温度・湿度と CO2 濃度を一度に測定・記録するワイヤレスデータロガーです。

上記の画像では、親機をRTR-500NW (有線LAN) / RTR-500AW (無線LAN)としてありますがRTR-500CおよびRTR-500DCRTR-500MBS-Aを親機として利用することも可能です。

本体にオートキャリブレーション機能があり、一般的な大気環境を基準値として設定することで一定期間内の計測値を補正し、センサの長期的な自動校正を実現します。

表示画面では、1つのグラフに3項目 (CO2濃度、温度、湿度)のデータを同時に表示できます。



       

おんどとり 分類別製品一覧

       
クラウド対応温度ロガー
USB接続とWiFi接続ロガー
ワイヤレスロガー
有線・無線LAN接続ロガー
       
Bleutoothタイプ TR-7シリーズ RTR-500シリーズ 有線・無線LANタイプ
       
小型防水(IP64/IP67)ロガー
照度・CO2・電圧・4-20mA・パルス
食品用 中心温度ロガー
測定データ収集器
       
防水タイプ 電圧その他 食品用中心温度タイプ 収集装置
       


CO2濃度測定可能な温湿度ワイヤレスデータロガー RTR-576 / RTR-576-S

RTR-576-S は、高精度・広範囲の温湿度センサを搭載し、99%RHまで測定可能!

おんどとり RTR-576は校正対象モデルです

RTR-576

    
製品概要

■ 測定:温度・湿度・CO2濃度
■ センサー:THA-3001
■ 電源:ACアダプタ / 単3アルカリ電池(LR6)×4本
■ 通信:特定小電力無線(約150m)
■ データ記憶容量:8,000個 × 3ch

仕  様 機  能 オプション 機種比較



※下記いずれかのデータ収集器が別途必要となります


RTR-500Cの画像 RTR-500DCの画像 RTR-500MBS-Aの画像 RTR-500NW/AWの画像

おんどとり RTR-576-Sは高精度の温湿度センサを搭載したモデルです

RTR-576-S (高精度)

    
製品概要

■ 測定:温度・湿度・CO2濃度
■ センサー:SHA-3151 (高精度)
■ 電源:ACアダプタ / 単3アルカリ電池(LR6)×4本
■ 通信:特定小電力無線(約150m)
■ データ記憶容量:8,000個 × 4ch

仕  様 機  能 オプション 機種比較



※下記いずれかのデータ収集器が別途必要となります


RTR-500Cの画像 RTR-500DCの画像 RTR-500MBS-Aの画像 RTR-500NW/AWの画像



おんどとり 他の機種を比較チェックする

何ができるのかな?

おんどとり RTR-576/RTR-576-S の機能特徴

☆ 1台で3役の優れモノ


RTR-576/RTR-576-S は、1台でCO2濃度、温度、湿度の3項目を測定・記録します。
特にRTR-576-Sは、高精度・広範囲の温湿度センサを搭載し、温度測定精度は ±0.3℃、湿度は ±2.5%RHで0 ~ 99%RHまで測定可能です。

☆ 幅広いCO2濃度測定が可能


測定範囲は、0 ~ 9,999ppmと広い範囲の測定に対応しています。 接点信号を出力する警報監視機能つき。
ビル管理法に基づいたCO2濃度、温湿度管理に最適です。

☆ 無線通信だけではない! USBでパソコンに直接接続可能


ワイヤレスでの無線通信はもちろん、USBで直接パソコンと接続できます。
複数のUSBポートを搭載しているパソコンであれば、複数台を同時に接続することも可能です。

[ 対応親機: RTR-500C / RTR-500DC / RTR-500AW / RTR-500NW / RTR-500MBS-A ]

☆ 本体のボタン操作で各種設定が可能


[POWER]ボタンや[DISPLAY]、[INTERVAL]、[REC/STOP]等のボタン操作が可能です。
[INTERVAL]は、記録間隔の確認/変更ボタンです。
(工場出荷時は、10分に設定されています)

液晶表示は、巡回表示と固定表示の2つの表示方式があります。 工場出荷時は、照度と紫外線強度の巡回表示に設定されています。
また、表示項目は親機付属のソフトウェアで設定します。


巡回表示: 全項目もしくは複数の項目を巡回して表示します。

固定表示: 特定した項目のみを表示します。

※ RTR-576 / RTR-576-S のボタン操作が行えない場合は、親機付属のソフトウェアによりボタン操作がロックされています。

また、記録中はRTR-576 / RTR-576-S の電源ボタンで電源を切ることはできません。
記録を停止してから電源を切ってください。 電源を切っても電池残量がある限り、本体内部のデータは保護されます。

☆ 温湿度センサの精度範囲


高精度温湿度センサの取扱注意について

☆ アジャストメント機能 (測定値の調整)


予め補正値を入力することにより、補正された温度で表示・記録できるアジャストメント機能が付いています。
調整方法には、『1点で調整』と『2点で調整』の2つの方法があります。

■ 1点調整:すべての測定値に対して同じオフセットで調整を行う場合に使用します。

■ 2点調整:広い範囲に対して調整を行う場合や、1点調整では対応できない場合に使用します。


測定値の調整には、メーカー提供の補正機能ツールをご利用ください。

※ アジャストメント設定を行った場合でも、すべての測定範囲において測定値の精度が良くなることを保証するものではありません。
また、アジャストメント設定時に接続していたセンサまたは入力モジュールを交換した場合は、再度設定が必要になります。


おんどとりは、測定値の調整ができます

 

☆ 収集したデータはUSB、Eメール送信、FTP送信など多彩な方法で取込めます!


RTR-576 / RTR-576-S は、照度・紫外線強度・温度・湿度の4項目を測定・記録したデータをワイヤレス(特定小電力無線)で送ることができるデータロガーです。
(通信距離:見通しの良い直線で約150m)

RTR-576 / RTR-576-S は、アルカリ単3電池1本で約4ヶ月動作します。 電池寿命については、1日1回無線通信でフルデータを吸い上げた場合の目安となります。
子機本体は電池駆動で設置場所を選びません。

  ※ 電池寿命は、測定環境、記録間隔、電池性能等により異なります

■ 記録間隔は1秒から60分までの15通りから選択可能

■ 本体内への記録容量は、8,000個 × 3chで記録モードはエンドレス/ワンタイムの切替え可能

データ収集は、自動と手動による任意のタイミングで実行が可能です。

子機が測定した記録データを、自動的に指定した時間に吸い上げ、パソコン内やEメール送信、FTP送信により遠隔地の記録媒体に保存することもできます。
(親機の選択により保存形態が異なりますので、詳細は親機の説明を参考にしてください)

記録データは手動または自動で収集できます

 

製品仕様

オプションは・・・

センサ類のボタン  ケーブル類のボタン  アタッチメントのボタン  バッテリのボタン



★★ センサ類のオプション品 ★★

HHA-3151の画像
温湿度センサ HHA-3151

 

THA-3001の画像
■ 温湿度センサ THA-3001

 

THA-3151の画像
■ 温湿度センサ THA-3151

 

SHA-3151の画像
■ 温湿度センサ SHA-3151

 



★★ ケーブル類のオプション品 ★★

センサ類のボタン  ケーブル類のボタン  アタッチメントのボタン  バッテリのボタン

TR-1C30の画像
■ センサ延長ケーブル TR-1C30

 

TR-5C10の画像
■ センサ延長ケーブル TR-5C10

 

US-15Cの画像
■ USB通信ケーブル US-15C

 

TR-6C10の画像
■ シリアル通信ケーブル TR-6C10

 



★★ アタッチメントのオプション品 ★★

センサ類のボタン  ケーブル類のボタン  アタッチメントのボタン  バッテリのボタン

TR-07K2の画像
■ 壁面アタッチメント AT-76K1

 



★★ 電源関係のオプション品 ★★

センサ類のボタン  ケーブル類のボタン  アタッチメントのボタン  バッテリのボタン

AD-06A1の画像
■ ACアダプタ AD-06A1