おんどとり | 無線LAN対応のステーション RTR-500AWと無線LANアクセスポイントを利用したシステム導入事例紹介

おんどとり 認定販売代理店/株式会社ムーヴ

千葉県館山市にある東京海洋大学 館山ステーションにシステムを導入!

千葉県館山市にある東京海洋大学の館山ステーション内部の画像

「おんどとり」 RTR-500シリーズを利用した、温度と通電管理システムを導入していただきました。

この度は、東京海洋大学様の海洋に関わる教育・研究を中心とした「東京湾臨海フィールド」の館山ステーションにシステムを導入。

館山ステーションに設置してある海水タンクや養殖用水槽などの、温度管理と光熱機器の電源管理(通電)を目的として導入していただきました。
今回の導入は、国立大学法人 東京海洋大学 海洋科学部 海洋生物資源学科の助教である矢澤良輔 博士が中心となり実現したものです。 矢澤先生ならびに関係各位のご協力にお礼申し上げます。

水産資源の保護・育成は重要さが増すことはあっても減ることはありません。 このような重要な試験場における管理システムに「おんどとり」をご利用いただき重ねてお礼申し上げます。

ワイヤレスによるモニタリングシステムを実現

施設内はもちろん、遠隔地からのモニタリングを実現するために、既存のインターネット環境を利用して無線LANアクセスポイントと、無線LAN対応のRTR-500AWを接続してワイヤレスのネットワークを構築しました。
測定データの保管や警報メールの送信においてネットワークを介して行います。 また、予め設定した温度範囲を超えた場合や通電異常が発生した場合には警報メールが送信され、該当箇所の状況チェックをタイムリーに行うことができます。

導入機器は温度ロガー 【 RTR-502 】 / 電圧ロガー 【 RTR-505-V 】

中部国際空港旅客サービス株式会社様導入機器

上記画像をクリックすると、該当機器の詳細表示されます


導入したRTR-500シリーズは、温度変化を的確に捉えるセンサー外付けの "子機(RTR-502)"と、

記録データを無線通信で収集する "親機"とで構成し、一部通信状態が不安定な場所に中継機を配置しました。

また、電圧データロガーRTR-505-Vのセンサを加工しクランプ式交流電流センサと結線し光熱機器の通電チェックをしています。

 

 

RTR-502: 子機として使用   [ 温度センサ外付けワイヤレスデータロガー]
■  RTR-505-V: 子機として使用   [ 電圧ワイヤレスデータロガー ]
■  RTR-500C: 中継機として使用  [ ワイヤレスベースステーション ]
RTR-500AW: 親機として使用   [ 無線LAN対応 ネットワークベースステーション ]
  ※ 施設内を数ブロックに分けて複数台設置し、ネットワークでデータを一括収集
   
 

その他オプション

[ 壁面アタッチメント ]

水槽の温度測定をして水滴がかかっても壊れないのでしょうか? 

RTR-502はIP64の生活防水

タンクの温度管理について

原海水やタンク内の温度をリアルタイムでモニタリングしています。 使用しているデータロガーは、IP64の防まつ型・生活防水タイプですが、センサ取付部分には充分気を遣いビニール袋で覆ってます。

タンク内の温度管理

おんどとりにビニール袋を被せて防水対策

センサー部分だけを水に付けて測定

データロガーの設置は?

ワイヤレスタイプのRTR-502を利用して、親機であるRTR-500AWに適時測定データを無線で送信しているので、特定小電力無線が安定して通信できる場所を選んで設置します。
子機であるデータロガーの設置場所と親機の位置関係で、安定した無線通信環境が得られない場所には、中継機としてRTR-500Cを取付けて無線の到達距離を延長しています。

設置するためには、壁面アタッチメントがオプション品としてありますが、上から吊ったりパイプや柱に結束バンドで取付けたりしながら現地対応しました。

大型タンクの温度管理

データロガーは柱に簡易的に取付  

RTR-500AWは無線タイプのネットワークベースステーション

RTR-500Cは無線到達距離を延長する中継機です

データ収集方法と親機の設置場所は?

各所に設置したワイヤレスタイプのデータロガーから収集したデータは、管理用パソコンで一括管理するためにネットワーク接続タイプの親機で転送します。
データロガーの設置場所が敷地内で分散しており、特定小電力無線を介して親機である無線LAN対応のネットワークベースステーション(RTR-500AW)にデータ収集し、RTR-500AWからは無線LAN(IEEE 802.11b/g)にて無線LANアクセスポイントに転送されます。

無線LANアクセスポイントからは既設の無線ルーターを経由してインターネットに接続し、遠隔地からのモニタリングを可能とします。
また、予め設定した閾値に達した場合は警報メールにより該当箇所の状況が送信されます。

各水槽の温度管理

親機はタンク脇の壁際に取付けてデータ収集


館山ステーションは、房総半島南西端近くに位置しており、東京湾をはさんで対岸には三浦半島を望むことができます。 また、敷地は海からほど近く各施設は航空写真でもわかるとおり点在しております。

館山ステーションの外観

館山ステーションのロケーションと機器構成

通電異常はどうチェックするのでしょうか? 

平均値整流型の電流センサ

クランプセンサはケーブルに挟んで取付

クランプセンサの取付イメージ

交流電流クランプセンサついて

光熱機器の通電チェックには、小型クランプ式交流電流センサを利用しました。
株式会社ユー・アール・ディー製の取付けが容易なナイロンスプリング・ワンタッチクランプ型センサーです。

おんどとり「RTR-505-V」と結線することで他の温度や湿度と同様に通電異常を検知することができます。
「RTR-505-V」の電圧信号入力部はモジュール先端にクランプセンサ側からの剥き線をそのまま接続するだけです。

クランプセンサは、電源が不要でセンサからDC0 ~ 5V の電圧信号を出力します。
定格電流に応じてセンサのラインアップがありますが、今回は「CTT-10-CLS-CV10」を使用しました。


クランプセンサとおんどとりを結線

無線小型防水データロガー 【 RTR-500シリーズ 】

東京海洋大学 館山ステーション様導入機器

本事例の機器以外にも温度湿度をはじめとし、電圧・4-20mA・パルス・照度・紫外線強度・CO2濃度を測定、記録することができる機種をラインアップ !!

RTR-500シリーズ詳細

その他導入事例

ツムラ様_物流センター温度管理導入事例 中部国際空港様_温度管理導入事例 大本山萬福寺様_温湿度・照度管理導入事例