株式会社ムーヴ

ライカ レーザー墨出し器とは?

屋内での墨出し機能をレーザーでスマートに投影できます

Leica オプティックスにより、長いラインがくっきりと投影することができます。
機種により、ポイントとラインのダブル照射も可能で、レンズ品質とパワーレンジテクノロジーにより時間がかかって面倒な壁面の墨出し作業は、もう過去の話に・・・

※ レーザー距離計と組合わせて使用すると作業効率がアップします



Leica レーザー墨出し器のラインアップ

 
  

Leica Lino L4P1
Leica Lino L4P1

Lino L4P1 は、クラス2レーザーを使用するレーザー墨出し器です。
縦、水平、上下に照射されるレーザーは高輝度で見やすいラインが特徴です。
1台あれば、レベリングとアライメント作業が明るいラインによって楽に行えます。
また、1回のフル充電で、24時間ノンストップでレーザー照射が可能です。

   

Leica Lino L2P5
Leica Lino L2P5

Lino L2P5 は、Linoシリーズの全ての機能を備えています。
4方向へのポイントと2方向へのラインレーザーは、直角(90°)で照射・投影されます。
マグネット付き多機能アダプターにより、Lino L2P5を作業状況に合わせて適切に配置することができます。

   

   



  

Leica Lino L2G+
Leica Lino L2G+

Lino L2G+は、高い視認性を備えたグリーンレーザーを採用し、水平・垂直方向に90°クロスライン照射も可能です。
省エネルギー対応で、単3形アルカリ電池4本で約7時間のレーザー投影(2ライン使用)が可能。

   

Leica Lino L2+
Leica Lino L2+

まっすぐに施工するのに時間が掛かる?
Lino L2+ を使えば水平/垂直ラインをボタン1つで照射します。
水平線や垂直線を引くために何度も装置の調整をする必要はありません。
セルフレベリング機能により照準ミスは自動補正されます。

  

Leica Lino L2
Leica Lino L2

ライカ Lino L2 を使えばあらゆるラインがまっすぐ上手に引けます。
ロック機能を使って、手動でセルフレベリングをオフにすることが可能で、レーザー線はあらゆる角度で投影できます。
素早く簡単にラインを投影するので、手作業に集中することができます。

   

Leica Lino L360
Leica Lino L360

Lino L360 は、水平方向に360°/縦方向に180°レーザーが照射され、水準は自動補正されます。
耐噴流・耐塵埃のIP65仕様となっているので、屋内外のあらゆる現場でご使用になれます。
充電式内蔵バッテリーを搭載しているので、AC電源の心配や電池交換は不要です。



 
 

 Leica Lino P5
Leica Lino P5

上下・左右・前面の5箇所から各ポイントが直角(90°)方向に照射されます。
±4°の範囲内であれば自動補正機能により、水平・垂直ライン合わせの作業が軽減されます。

 

 Leica Lino P3
Leica Lino P3

Lino P3 の垂直ポイント(上下)は、本体から上下方向に照射されます。
床から天井などでも作業の基準点にカンタンに照射します。
また、本体をアダプタのロック位置へセットしマグネットでスチールパイプ等へ固定することもできます。

  

Leica Lino ML180
Leica Lino ML180

Leica Lino ML180 は、スマート・ターゲティング機能 (Smart Targeting Function)によって、施工現場でのレイアウト作業において4ライン+1ポイントのマルチライン照射で効果的に実施できます。

ML180はブラケット付き受光器(XLR Catch)が同梱されています。 また、ML180専用の受光器(XCR Catch)の受光窓は受光器の裏と表の2面にあり、作業に応じて読取が楽に行えます。

  

Leica Lino ML90
Leica Lino ML90

Leica Lino ML90 は、スマート・ターゲティング機能 (Smart Targeting Function)によって、施工現場でのレイアウト作業において3ライン+1ポイントのマルチライン照射で効果的に実施できます。

ML90はブラケット付き受光器(RVL100)が同梱されています。

どの Leica Linoが最適 ?
比べてみてください !

ライカ レーザー墨出し器 機能比較


オプションは、こちらから・・・

レーザー機器のオプション