ライカ レーザー距離計 | 複数台のレーザー距離計を1台のPCから同時にリモート制御するアプリケーション

DISTOソフトウェア開発パートナー・ 認定販売代理店/株式会社ムーヴ


レーザー距離計 Leica DISTO™ 複数台同時リモート制御

多点同時変位計測ソフトウェア NETIS登録済 KT-110063-VE

多点同時変位計測システムの画像

PCからBluetooth®通信機能を搭載したレーザー距離計をリモート制御して距離を測定し、測定データを自動転送します。
測定は、1回ごとだけでなく一定時間の間隔による連続測定が可能ですので、多点変位計測システムとして基準点との変位を予め設定した範囲により警報出力することもできます。


弊社で開発した、レーザー距離計を利用した多点同時変位計測システムは、トンネル切羽での安全監視システムとして国交省のNETIS技術として登録されました。
コンクリートの打設や法面の変位計測等に大きなコストをかけずに利用することができます。


海外からの並行輸入品や電波法の基準認証を受けず、「技適マーク」の貼付されていないレーザー距離計を使用すると違法となります。  詳細はこちらをご覧ください。

NETIS登録番号KT-110063-VE

※ 2017/2/1づけで [A] から【 VE 】へ

弊社は、Leica DISTO™ ソフトウェアパートナーとして、レーザー距離計のリモート制御ソフトウェアの開発・販売を行う数少ない認定代理店として、豊富な導入・販売実績がございます。

多点同時変位計測システム (最短1秒間隔計測)

★ Point 1 シンプル操作で多点同時変位計測が可能

★ Point 2 複数台のレーザー距離計を同時に遠隔操作

★ Point 3 全ての測定データをPC本体へワイヤレス転送


 多点同時変位計測システム ( 複数台制御 / 1ライセンス )

KT-110063-VE レーザー距離計複数台制御システム

レーザー距離計 多点同時変位計測システム

販売価格 販売終了のためレンタル対応となります
  レンタル あり お問合せください 
メーカー Move Corporation
基本機器構成 ■ Leica DISTO™ D8、D3aBTまたは A6
■ Bluetooth®アダプタ   Class2 対応
■ Windows7/8.1(32bit) 稼働PC
■ 警告灯/ネットワークディスプレイ等
注意事項 角度を測定する場合にチルトセンサーの測定範囲を超えるとエラーになるので、D3aBTをご利用の場合は設置角度に注意が必要です。

離れた場所から24時間安全監視! 地盤挙動やズレの危険察知

レーザーと超音波測定の違い画像
安全性
人が行けない! 立入出来ない! 危険な場所・施設・スペースのない場所での計測を効率よく行えます。
リモート
PCから遠隔操作可能で、ネットワーク化すると瞬時に変化する遠隔地の監視に威力を発揮。
簡単
操作は誰にでも簡単に、1秒間隔で多点同時に連続計測が可能。
可搬性
ハンディタイプ・ワイヤレスなので、設置や測点移動に対し持ち運びが簡単で機動性・施工性が向上。


株式会社ムーヴは警子ちゃんの販売代理店です

機能概要 (標準で7台まで同時制御、オプションで8台制御)

■ Bluetooth®通信機能を利用してワイヤレスでPCから複数台のレーザー距離計を同時にリモート制御して、
距離や角度測定を行います。
(対象レーザー距離計:Lecai DISTO™ D8 / DISTO™ D3aBT / DISTO™ A6 / DISTO™ Plus)


■ 連続測定機能により、各レーザー距離計で測定したデータを予め設定した範囲と比較してステータス表示が可能。


■ 自動測定モードにより指定された時間、間隔にて測定を行い、PCにログとして測定データを保存します。


■ 測定停止後に、ログリスト(測定履歴データ)の参照、ファイル出力やグラフの印刷ができます。
※ ファイル出力されたデータは表計算ソフトや他のアプリケーションで利用することが可能


■ PCにUSB対応のBluetooth®アダプタとUSBエクステンダーを使用することにより、レーザー距離計とPC本体の設置間隔を延長することができます。
 (該当のBleutooth®機能では、通信可能距離は約10メートル)


■ こんなシーンでご利用いただいております。


  ① 橋脚・橋梁の撓み(たわみ)測定
  ② トンネル切羽の挙動変位
  ③ 構造物の変位計測
  ④ 船舶接岸に際しての変位計測
  ⑤ 電線・天井・床面等の撓み・歪み計測
  ⑥ コンクリート打設時の変位計測
  ⑦ 潮位計測

機能イメージ

■ 予めPC上で使用するレーザー距離計のBluetooth®設定を行い、使用するCOMポートを割当てします。
正常に割当てされ、レーザー距離計本体のBluetooth®ボタンを押して通信可能状態にしておくことにより、
当システムから測定開始ボタン(青の右矢印)をクリックするだけで、順次接続し計測を開始します。
測定を終了する場合も、停止ボタン(赤の四角)をクリックするとレーザー距離計を順次停止させます。
(電源はOFFにしません)

多点同時変位計測システム機能ボタンイメージ

 

■ 当システムの環境設定画面 にて指定された条件により、対象のレーザー距離計が測定した結果をモニタリングし、測定値を表示するとともに変位状況のステータスが変位分布図上に表示されます。

 



■ 測定値は、各Windowに対応するレーザー距離計の値を3段で表示します。

 ① 上段 左側に測定回数、右側に角度を表示 (角度センサーを搭載していないモデルは非表示)
 ② 中段 対象物までの測定距離をメートル表示
 ③ 下段 変位をメートル表示 (計測環境設定の「変位判定」方法により、表示内容が変わります)
        - 変位判定を「距離」に設定した場合: 初回計測距離からの変位 (絶対値表示)
        - 変位判定を「速度」に設定した場合: 直近計測距離からの変位 (相対値表示)

■ 各Windowの背景色により測定結果を示します。背景色は変位分布上にも同色で表示されます。


Window背景色

■ 変位チャートは、起動時には最小化されて表題のみが表示されている状態ですが、任意の大きさに画面サイズを変更することが可能です。
チャートによる変位を見たい場合は、チャート画面を大きくして経緯を参照することができます。

チャート下部に表示される凡例は、環境設定画面で指定した「機器名称」が表示されます。
凡例色はシステムで自動設定されますので、任意の色に変更することはできません。

 

Monitorイメージ
変位チャート

■ 測定値のログ表示とファイル出力

測定した結果は、測定値のログファイルを選択することにより、下記イメージで参照が可能となります。
ログ入力ボタンで対象ログファイルを指定した後、日付、時間および機器名称等で抽出条件を設定して[検索]ボタンをクリックします。
また、参照したデータは条件を設定してデータ抽出したり、削除することもできます。
複数のログファイルを選択表示して、一つのファイルとして出力することも可能です。

 

変位計測システム機能ボタンイメージ



■ 周辺機器として、警告灯やネットワーク掲示板を設置した場合は設定内容に合わせて連動します。
警告は、変位量または変位速度により範囲を任意に設定することができます。

※ 接続対象の警告灯およびネットワーク掲示板についてはモデルが限定されますので詳細はお問合せください

 

周辺機器イメージ

レーザー距離計を使ったコンクリートの打込み管理システムの紹介

コンクリートの打込み管理システムの様子

コンクリートの打込み現場における施工状況
施工現場では管理する地点を複数箇所に分けて、各々に測定管理用の機器(レーザー距離計とタブレット)を設置します。
親タブレットにおいて、配置稼働済みの子タブレットと随時通信(ワイヤレス)することで、親タブレット上で集中モニタリングをします。
測定データは子タブレットに保存され、親タブレットが通信可能範囲内にある時に各タブレットより測定データを収集して一元管理します。

施工担当者は、設置されたタブレットの画面を見ることで以下の項目を知ることができ効率よく作業ができます。

  ① 打設開始からの経過時間と残り時間
  ② コン天(コンクリートの天井高)の現在高と規定値までの所要高
  ③ 計画時間との差異を色で識別して表示
  ④ 次層の打込み開始時刻  


※ 親タブレット: 一元管理用 / 子タブレット:レーザー距離計制御と測定ポイントの状況モニタリング用

よく一緒に購入されている商品は ・・・

コストパフォーマンス抜群のレーザー距離計
電池切れを気にせず長時間利用できるAC電源キットです。
Bluetooth 機能付きのレーザー距離計 DISTO D3aBT
連続計測に不可欠なAC電源キット
防じんケース・防滴ケース・専用の特注ケースです。
パソコンを利用してレーザー距離計を制御して連続測定します。
簡易的な防塵・防滴に効果を発揮するクリアケース
パソコンを利用して連続測定結果を記録


ページの先頭へジャンプ

多点同時変位計測システム の動作環境

項目 機能概要および仕様
PC本体 OS Windows XP / Windows7  (64bit版には対応しておりません)
 〃    CPU インテル Pentium4 または同等以上のプロセッサ
 〃    メモリ 1024MB 以上を推奨
モニタ 解像度 1024 x 768 以上
実行環境 Microsoft .NET Framework 2.0 以上 / HDD容量は最低10MB程度必要
レーザー距離計 Leica DISTO™ D8 / DISTO™ D3aBT / DISTO™ A6 / DISTO™ Plus
  ※ 角度を同時に取込むには、DISTO™ D8 以外は制限がありますので詳細はお問合せください
Bluetooth® 電波強度 Class2 対応 Bluetooth®内蔵PCは対応クラスをご確認ください
ワイヤレス可能範囲 Class2 対応の約10メートル (ご利用環境により異なります)
NWカメラ / 警告灯 / NW掲示板 必要に応じて対応機器を準備 (詳細はお問合せください)

 

レーザー距離計 Leica DISTO™ の測定精度は、一定の長さ以上では距離に応じて落ちる場合があります。
この測距誤差は通常、悪条件下で発生します。
(悪条件下とは: 周囲に強い光がある環境や反射の測距対象面、測距対象面が粗い素材の時など)


■ 屋外での測定に際して
特に晴天時の屋外では、5~10m程度の距離でもレーザードットを視認することができない場合があります。
別売アクセサリ・レーザーグラスの使用またはデジタルポイントファインダーのご使用をお奨めします。
※ ターゲットとなる対象物の材質、測距環境により測距可能な長さは変化します。


■ 日本国内での使用に関する制限事項
① 日本国内で販売される レーザー距離計 Leica DISTO™ の表示単位は、計量法における単位規制に基づく表示となります。  (インチ、フィート、ヤード、坪等の表示はできません) 
② 日本国内でBleutooth®機器を使用する場合は、電波法に基づく基準認証を受け、総務省令で定める表示(技適マーク)のステッカーが貼付されている必要があります。
貼付されていない機器を利用することは違法となります。

技適マーク
詳細は、総務省電波利用関連のホームページをご参照ください。
http://www.tele.soumu.go.jp/j/sys/equ/tech/index.htm

このページをご覧になった方は、こんな商品もチェックしています ・・・

レーザー距離計の最高峰、タッチスクリーンのD810 touch。
測定結果をデータ出力できるトータルステーション。
タッチスクリーン式のレーザー距離計 D810 touch
誰にでも簡単に操作でき、測定結果をデータ出力
3次元で立体形状記憶してデータ出力できる距離測定器。
バーコードで距離と高低差がすぐに読取れます。
水平方向へ360度転回、距離測定と3次元形状記憶
バーコードで距離と高低差を瞬時に読取
 


ページの先頭へジャンプ