株式会社ムーヴ

導入事例

株式会社ムーヴは、計測機器の認定代理店として数多くの機器を販売してきました。

1996年の創業時は、一般の業務アプリ開発を中心としておりましたが、2003年に「おんどとり」の株式会社ティアンドデイと販売代理店契約を締結したのを期に計測機器の販売・設定・導入サポートと関連システム開発に業務の軸を移してきました。

数ある販売店の中でも、お客様の要望に合わせたシステム開発から導入・運用サポートまで一貫してサービス提供する企業は少ないと思います。

温度・湿度をはじめとする環境計測やレーザー機器を利用したシステムの導入事例の一部を紹介いたしますのでご覧ください。
なお、弊社は取扱製品のショールームを設けて、導入前に実機を利用して各々の機器特性の説明と具現化するための導入コンサルテーションをしております。



おんどとり(環境測定機器)を利用した導入事例

医薬品メーカー ツムラ様の物流センター( 医療用漢方製剤の品質管理 )
     

物流センターの導入事例

東京都港区赤坂に本社を置く医薬品メーカーの株式会社ツムラ様の東日本物流センターに、医療用漢方製剤の品質管理を目的として温度管理システムを導入していただきました。

物流センターは、地上2階建の大規模な施設で医薬品の保管に適した空調管理をされていますが、品質管理をより一層強化するためモニタリングシステムを導入されました。
無線ネットワークタイプのTR-701AW(温度 2チャンネル)は、物流センター内の天井付近に設置した無線LANアクセスポイントを経由して、測定したデータを管理センターへ送信しています。

     

中部国際空港(セントレア)様 銘品館・おみやげ館
     

空港施設の導入事例

中部国際空港(セントレア)銘品館・おみやげ館を運営管理されている中部国際空港旅客サービス株式会社様より、ヒューマンエラーを防止することと、より高いレベルでの温度管理を実施することを目的に導入を検討され、2012年5月中旬に導入、運用を開始させていただきました。

2012年5月導入以前は、冷蔵・冷凍庫メーカーのマイコン制御による庫内温度管理により、定期的に温度を目視して温度管理表に手書きされていました。 一定時間ごとに予め設定された適正温度との差異をチエックし、常に最適な状態で商品を保管しお客様へ食の安全を確保した上でご提供しておられます。

     

京都府宇治市にある萬福寺文華殿 様
     

美術館、重要文化財の管理事例

京都府宇治市にある黄檗宗(おうばくしゅう)の大本山萬福寺様に、重要文化財である美術工芸品の管理を目的として温度・湿度および紫外線・照度の管理システムを導入していただきました。

萬福寺は境内に什宝物を収蔵展示する建物「文華殿」がありますが、建物の老朽化と収蔵量の飽和解消の為に増改築工事を進めていらっしゃいます。(2012年5月時点) 
第一期工事として展示棟を増築し、第2文華殿は鉄筋コンクリート造・地上2階・地下1階で2012年3月に竣工致しました。

今回の導入は、既存棟にネットワークタイプのTR-72W(温度・湿度)を導入するとともに、ワイヤレスデータロガーシステム「RTR-500シリーズ」においてシステムを構築しました。

     

国立大学法人 東京海洋大学 館山ステーション 様
     

ねWiFiを利用した導入事例

東京海洋大学様の海洋に関わる教育・研究を中心とした 「東京湾臨海フィールド」の館山ステーションにシステムを導入。

館山ステーションに設置してある海水タンクや養殖用水槽などの、温度管理と光熱機器の電源管理(通電)を目的として導入していただきました。
2012年7月導入以前は、タンクごとに設置したアナログ温度計により、温度を目視チェックして管理されていました。 また、光熱機器もプラグ抜け等による障害もあったとのことです。

導入により、一定時間ごとの温度チェックや通電チェックを行うことで、異常があれば警報メールを送信して注意喚起することができます。

     



レーザー機器を使ったシステム導入事例

NETIS登録技術 (レーザー距離計による多点同時変位計測システム)
     

レーザー距離計を複数台利用した導入事例

  

複数台のレーザー距離計によりトンネル切羽や構造物等の変位を面的にかつ連続的に同時計測し、リアルタイムに対象物の経時変化による挙動を監視し安定性を評価するモニタリング技術として、国土交通省の新技術活用システムとして評価されました。

2017年2月に、KT-110063-VEとして事後評価を受けました。

測定は、1回ごとだけでなく一定時間の間隔による連続測定が可能ですので、多点同時変位計測システムとして基準点との変位を予め設定した範囲により警報出力することもできます。

     


NETIS登録技術 (コンクリートの打込み管理システム)
 

コンクリートの打込み管理システム導入事例

 

コンクリートを打ち重ねるまでの時間と規定時間と照合し、品質管理をスムーズに行うシステム。

国土交通省の公共工事等における新技術活用システムとして、関東地方整備局にてKT-160096-Aとして登録されました。

コンクリート打設作業において、打設のモニタリングにより効率的に品質管理を実現するシステムです。
当システムは株式会社安藤・間 土木事業本部 土木設計部との共同開発により構築しました。